咸平蝶祭り

[一景] 蝶と昆虫をモチーフにした韓国を代表する春の祭り

咸平蝶祭り

咸平蝶祭り

緑が鮮やかな咸平天地の大自然の中、1,090,000㎡の菜の花の波間を数万匹の蝶が一団となって飛ぶ壮観な姿を演出します。世界で初めて生きている蝶と昆虫、自然をモチーフにした、新しい試みの環境にやさしい祭りとして評価されています。

生きている蝶の生態館、蝶を飛ばすサプライズイベント、蝶や昆虫のオブジェの展示、蝶と一緒の思い出づくり、ドジョウつかみ体験、伝統的な家畜追い込み体験など、環境にやさしい自然の中、すばらしい思い出を作ることができる多彩で新鮮なプログラムがいっぱいです。

蝶・昆虫生態館では、国内に生息する60種余りの蝶が卵から幼虫、さなぎに成長する変態の過程を見ることができ、様々な昆虫が幼虫から成虫に変わる過程も紹介します。

世界で初めて生きている蝶と昆虫、自然をモチーフにした、韓国を代表する新しい試みの環境にやさしい祭りです。毎年5月頃に咸平全域(レンゲ、菜の花、芝桜など)の花畑と数万匹の蝶が調和して作り出される美しさに触れることができ、生態系の美しさと大切さが体験できる多彩で一味違うイベントが開催されます。

この祭りでは、様々な生態体験学習や環境にやさしい農業体験、伝統的な遊びなどが楽しめるとともに、各種展示会など様々な文化芸術の集いが開かれています。

お問い合わせ : +82-61-320-3364

住所 : 咸平郡 咸平邑 困齋路 27(水湖里 1153-1)